原材料関連

人工甘味料について

こんにちはー!家飲みソムリエ 「コアライオン」です!

この記事では

  • 『原材料』って色々書いてあるけど、よく違いが分からない!
  • いつも飲んでるチューハイの中身をもっと詳しく知りたい!
  • 『人工甘味料』ってどんな種類があるかわからない!

という人の為に、最近はもっぱら≪家飲み派≫のソムリエである私「コアライオン」が、

  • 主な『人工甘味料』の種類が分かる!
  • 『人工甘味料』での味の違いが分かる!

を紹介します

『人工甘味料』ってなに?

『人工甘味料』とは、簡単に言うと、『化学的に合成されて作られた甘味料です

主に清涼飲料水やガム、もちろんチューハイなどの食品に使用されています

肥満予防や生活習慣病などを予防する目的で、カロリー制限ダイエットをする方には、人気があり、カロリーオフ系の市場が増えるのと一緒に、広まってきました

『化学的に合成された』という事の時点で、ちょっと嫌だなーと感じる方もいるかもしれませんが、まずは正しい知識を持って、自分が購入する商品を選んでいけるようになるといいなと思います

『人工甘味料』ってどんな種類があるの?

まずはチューハイに使用されている、主な『人工甘味料』について書いていきたいと思います

  • アセスルファムK(カリウム)
  • スクラロース
  • アスパルテーム

この中でも『アセスルファムK』『スクラロース』は、チューハイに使用されていることが多いです

何種類かの『人工甘味料』を組み合わせて使っている商品が、多いように感じます

その他にも種類がありますが、ここでは割愛します

『アセスルファムK(カリウム)』 について

同じ量の砂糖と比べておよそ『200倍』の甘さを持つ人工甘味料です

先味』とよく言われます

早く甘さを感じて、後引きがないのが特長です

『スクラロース』について

同じ量の砂糖と比べておよそ『600倍』の甘さを持つ人工甘味料です

『苦味』『渋味』などがなく、砂糖に近いまろやかな甘味を感じるのが特長です

後の方まで甘さが続くので『アセスルファムK』などの、『先味』タイプと相性が良いので、一緒に使われることも多いです

『アスパルテーム』について

同じ量の砂糖と比べておよそ『200倍』の甘さを持つ人工甘味料です

『クセ』や『雑味』が少なく、砂糖に近いまろやかな甘味を感じるのが特長です

後の方まで甘さが続くので『アセスルファムK』などの、『先味』タイプと相性が良いので、一緒に使われることも多いです

『人工甘味料』ってどんな時に使うの?

カロリーハーフ』や『糖類0』『糖質70%オフ』などの『オフ系チューハイ』に使われたりします

そういった『オフ系チューハイ』とかの味を、『糖類』使用タイプに近づけるために使用することが多いです

また『高アルコール』タイプの商品にもよく使われており、『糖類』を使うと重たい感じの味わいになるときにも使われているようです

傾向としてカロリーを抑えても『しっかり甘さを感じる』味わい仕上がります

まとめ

『人工甘味料』についてまとめると

  • 『人工甘味料』は≪化学的に合成された甘味料≫
  • チューハイに使われているのは主に≪3種類≫
  • 『人工甘味料』は≪砂糖の200倍以上の甘さを持つ≫
  • 『カロリーハーフ』『糖類0』『糖質70%オフ』等の≪『オフ系』チューハイに使われている

今度チューハイを購入するときの参考にしてみてください!

原材料名の『糖類』についてこんにちはー!家飲みソムリエ 「コアライオン」です!この記事では「『原材料』って色々書いてあるけど、よく違いが分からない!」という人の為に「原材料名に記載のある『糖類』について」説明していきます!...

▼お得にお買い物をする方法を紹介▼

コアライオン

4ステップで徹底解説しているよ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA