原材料関連

ウォッカ?焼酎?ベースアルコールについて

こんにちはー!家飲みソムリエ 「コアライオン」です!

この記事では

  • 『原材料』って色々書いてあるけど、よく違いが分からない!
  • いつも飲んでるチューハイの中身をもっと詳しく知りたい!

という人の為に、最近はもっぱら≪家飲み派≫のソムリエである私「コアライオン」が、

  • 『ウォッカ』『焼酎』などの違いが分かる!
  • 『ベースアルコール』での味の違いが分かる!

を紹介します

ウォッカ?焼酎?ベースアルコールってなに?

『ベースアルコール』は、簡単に言うと、チューハイの素となる、『お酒(アルコール)』の事です!

居酒屋さんとかで飲むチューハイだと、まずはジョッキに氷を入れて、そこに『ベースアルコール』+『炭酸』+『シロップなど』を加えて作るのですが一般的です

この『ベースアルコール』の味わいによっても、チューハイの味わいが変わってきます

これは缶チューハイにも同じことが言えるの、この記事では缶チューハイに使用されている主な『ベースアルコール』についてご紹介したいと思います!

『ウォッカ』について

今や大定番です。多くの缶チューハイの『ベースアルコール』に使われています

ウォッカは前提として『スピリッツ』になるのですが、『ジン』『ラム』『テキーラ』などと並んで、『世界4大スピリッツ』と呼ばれています!

この『ウォッカ』を一番最初に缶チューハイに使用した商品が『キリン 氷結』シリーズ

2001年に発売された大ヒットした商品です!

チューハイの『ベースアルコール』=『焼酎』だった概念を覆した商品として、20年経った今でも、飲まれ続けています

今の『ベースアルコール』の定番が『ウォッカ』になったのも、この商品が発売されたからといっても過言ではありません

『ウォッカ』の製造方法

『ウォッカ』の原料は、トウモロコシや小麦、ライ麦などの穀物です

その穀物を発酵後、連続式蒸留器にて蒸留し、85~95%程度のアルコール分のものを製造した後、40~60%前後に加水します

『ウォッカ』はここで≪白樺の炭≫でろ過を行います!

この≪白樺の炭≫でろ過をすることによって、①不純物を取り除く効果と、②アルコールと水との結合を促進しています

このろ過工程のおかげで、より洗練された味わいになると言われています

『ウォッカ』を使用したチューハイの味わい

『ベースアルコール』である『ウォッカ』が、クリアで洗練された味わいになっているので、≪フルーツなどのフレーバーの味わいを感じやすいチューハイ≫が多いです

代表的なメーカーの商品でいうと『キリン 氷結』シリーズ、『サントリー ‐196℃』シリーズなども、『ウォッカ』を使用しています

『焼酎』について

チューハイの『ベースアルコール』の元祖です!

まずチューハイの語源は焼酎の『酎』と、ハイボールの『ハイ』を組み合わせたものと言われています

『焼酎ハイボール』=『酎ハイ』=『チューハイ』と呼ばれるようになっていったのですが、現在では広く『ベースアルコール(ウォッカなどのスピリッツや焼酎)』に炭酸を加えて、果汁などを加えたものを『チューハイ』と呼ぶことが多いです

今では『乙焼酎ハイボール』も市場に出回っていますが、ここでは『ベースアルコール』として最もポピュラーな、『甲類焼酎』について書きます

『焼酎』の製造方法

『焼酎』(甲類焼酎)の原料は、主に『サトウキビ』です

この『サトウキビ』を圧搾してできた糖蜜を発酵後、連続式蒸留器にてアルコール分95%程度になるまで蒸留し、アルコール度数36度未満に加水したものが『焼酎』(甲類焼酎)となります

『ウォッカ』同様ですが、連続式蒸留をすることによって、ピュアな焼酎を作ることができます

『焼酎』を使用したチューハイの味わい

『ベースアルコール』である『焼酎』ですが、貯蔵焼酎をブレンドしたりするなど≪焼酎の独特な味わいを感じられるチューハイ≫が多いです

代表的なメーカーの商品でいうと『宝 焼酎ハイボール』シリーズなどが、『焼酎』を使用しています

『醸造アルコール』について

昔のチューハイには『醸造アルコール』と表記している商品もあったのですが、最近では見ることが、無くなりました

『醸造アルコール』の製造方法

ほとんど『焼酎』の製造方法と同じで、『醸造アルコール』の原料は、主に『サトウキビ』です

(日本酒などに添加される『醸造アルコール』には、お米由来のものもありますが、チューハイの原料として使うものに限って書きます)

この『サトウキビ』を圧搾してできた糖蜜を発酵後、連続式蒸留機にてアルコール分95%程度になるまで蒸留し、アルコール度数45度を超えるように加水したものが『醸造アルコール』となります

『醸造アルコール』を使用したチューハイの味わい

『ベースアルコール』である『醸造アルコール』ですが、最近はトレンドから離れてしまっているので、味わいの特長はありません

代表的なメーカーの商品で『醸造アルコール』と表記したチューハイは、ありません

『乙焼酎』『本格焼酎』について

最近、焼酎メーカーが缶チューハイとして、乙焼酎(本格焼酎)ハイボールを発売しています

その『ベースアルコール』として『乙焼酎』『本格焼酎』が使用されています

『乙焼酎』『本格焼酎』の製造方法

『乙焼酎』『本格焼酎』の原料は、主に『芋』『麦』『米』『そば』などです

この『芋』『麦』などを発酵させて、単式蒸留器で蒸留したアルコール度数45度以下のものが『乙焼酎』『本格焼酎』となります

『乙焼酎』のうち、条件を満たしたもののみが『本格焼酎』となります

単式蒸留器での蒸留になるので、『芋』や『麦』などの原料の特長が出た焼酎が出来上がります

『乙類焼酎』『本格焼酎』を使用したチューハイの味わい

ズバリ≪『芋』や『麦』など焼酎原料の味わいをダイレクトに感じられるチューハイ≫が多いです

もともと『本格焼酎』として発売している商品を、缶チューハイとして発売しているので、焼酎の味わいというのをしっかり感じられます

『ウイスキー』について

ハイボーーーール!の『ベースアルコール』です!

『ハイボール』といえば『ウイスキーハイボール』という位、定着しましたよね

『ウイスキー』には色々種類があります

『スコッチウイスキー』『アイリッシュウイスキー』『アメリカンウイスキー』『カナディアンウイスキー』『ジャパニーズウイスキー』が、世界の5大ウイスキーとして呼ばれています

原料や製造方法の違いでも『モルトウイスキー』『グレーンウイスキー』『ブレンデッドウイスキー』などに分けられます

こういったもの総称を『ウイスキー』と呼びます

『ウイスキー』を『ベースアルコール』として使用した缶チューハイの表記は、『モルト、グレーン』だったり『ウイスキー』だったりします

『ウイスキー』の製造方法

『モルトウイスキー』は、『二条大麦』の麦芽を発酵させ、単式蒸溜器で2回蒸留してつくります

『グレーンウイスキー』は『モルトウイスキー』と違って、『トウモロコシ』『小麦』などの穀類と麦芽を原料として発酵、蒸留してつくります

『ブレンデッドウイスキー』は『モルトウイスキー』と『グレーンウイスキー』をブレンドしてつくったウイスキーです

『ウイスキー』を使用したチューハイの味わい

ズバリ≪『ウイスキー』由来の味わいをダイレクトに感じられるチューハイ≫が多いです

具体的にはどんな感じかというと、樽の香りやピート由来のスモーキーな香りだったりをしっかり感じられます

その他の『ベースアルコール』について

この他に『ラム』『ブランデー』なども商品化されていますが、まだまだマイナーなので、またの機会に書こうと思います

また『醸造アルコール』ではなく、色々なものも含めて『スピリッツ』という表記をしている商品もありますが、また調査をして追加しようと思います

『日本酒ハイボール』に使用される『日本酒』は『スパークリング清酒』という色の方が強いため、今回のチューハイの『ベースアルコール』としては、除きました

まとめ

『ベースアルコール』による違いは、以下の通りです

  • 『ウォッカ』 ≪フルーツ等のフレーバーの味わいを感じやすい≫
  • 『焼酎』   ≪焼酎の独特な味わいを感じられる≫
  • 『醸造アルコール』 特になし
  • 『乙焼酎』  ≪焼酎原料の味わいをダイレクトに感じられる≫
  • 『本格焼酎』 ≪焼酎原料の味わいをダイレクトに感じられる≫
  • 『ウイスキー』≪ウイスキー由来の味わいをダイレクトに感じられる≫

今度チューハイを購入するときの参考にしてみてください!

原材料名の『糖類』についてこんにちはー!家飲みソムリエ 「コアライオン」です!この記事では「『原材料』って色々書いてあるけど、よく違いが分からない!」という人の為に「原材料名に記載のある『糖類』について」説明していきます!...

▼お得にお買い物をする方法を紹介▼

コアライオン

4ステップで徹底解説しているよ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA