ニュース・雑学

【アサヒビール】国産最軽量!202径アルミ缶蓋を開発!

こんにちはー!家飲みソムリエ 「コアライオン」です!

この記事では

  • アサヒビールのニュースリリースの意味がよくわからない!
  • 缶蓋の話はよく分からない!

という方の為に、ニュースリリースの内容を解説していきたいと思います

国産最軽量!202径アルミ缶蓋を開発!

アサヒビールのニュースリリースより、引用

今回共同開発した202径アルミ缶蓋はこれまでの204径アルミ缶蓋に比べ、缶の品質や強度はそのままに缶蓋の直径を約3mm小さくしました。これにより缶蓋1枚あたりのアルミニウム使用量は従来より約2割削減した2.5gとなるため、国産最軽量を実現しました。アルコール飲料としては、当社が国内で初めて採用します。一方、世界の缶蓋の構成比において202径缶蓋は半数以上のシェアを占めており、アサヒグループでも既に欧州やオセアニアで採用されています。

ーアサヒビール 国産最軽量のビール類202径アルミ缶蓋を開発

2021年8月31日のアサヒビールのニュースリリースによると、缶メーカー最大手の『東洋製罐』と共同で、国産では最軽量となる202径アルミ缶蓋を開発したとの事です

9月中旬から同社の北海道工場で9月中旬からテスト生産を行って、2023年から順次切り替え開始を目指すとの事でした

<従来使用していた204径><今回展開する202径>画像

ーアサヒビール 国産最軽量のビール類202径アルミ缶蓋を開発

 

 

口径の画像はこちらなのですが、現在の204径よりもひと回り小さいんですよね

海外から輸入してきている商品については、202径を採用している商品もあるのですが、国内の主流は『204径』もしくは『206径』です

口径の大きさとしては、『206径』>『204径』>『202径』となるので、単純に小さくなれば軽量化できるという事になります

まずはビール類からのようですが、今後はチューハイ(RTD)関係にも採用されてくるかもしれませんね!

CO2削減へ!軽量化で環境にも優しい!

アサヒグループでは「環境ビジョン2050」を策定し、「気候変動への対応」「持続可能な資源利用」「微生物・発酵技術の活用」「プロセスイノベーション」の4つのテーマを柱として環境経営に取り組んでいます。「気候変動への対応」においては中長期目標となる「アサヒカーボンゼロ」を設定し、2050年の温室効果ガス排出量“ゼロ”を目指しています。今回、これまで204径缶蓋を使用している当社商品全てをこの202径缶蓋に切り替えた場合、年間約14,300tのCO2排出量を削減できる見込みです。

ーアサヒビール 国産最軽量のビール類202径アルミ缶蓋を開発

『204径』の商品をすべて切り替えると、年間14,300tのCO2排出量を削減できる見込みとの事です

アサヒビールが先立って『202径』に取り組むことで、他メーカーも採用することが予想されます

2023~2025年位には、『202径』が市場の主流になってくるかもしれません

重量の違いについて

以下、アサヒビール調べによる、国内における缶蓋の変遷になります

缶蓋の種類 缶蓋のアルミ使用量
1958~ 209径、プルトップ 5.40g
1985~ 206径、ステイオンタブ 3.34~3.90g
2013~ 204径 3.20g
2023~ 202径 2.50g

ーアサヒビール 国産最軽量のビール類202径アルミ缶蓋を開発

『206径』と比べると≪0.84g~1.4g≫

『204径』と比べると≪0.7g≫

軽くなっています!

どこまで小さくなるんでしょうか?

缶蓋がどのように進化していくのか、今後の動きに注目したいと思います!

まとめ

今回、アサヒビールが国産最軽量の『202径』を東洋製罐と共同開発し、北海道工場でテスト生産を開始するという、記事を取り上げました

他メーカーで『202径』の採用が増えていくと、現在主流の『204径』『206径』がどのような扱いになっていくのか、今後の動きに注目していきたいとおもいます

以上、コアライオンでした!

▼お得にお買い物をする方法を紹介▼

コアライオン

4ステップで徹底解説しているよ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA